複合機の利用状況を管理する複合機の機能

複合機の利用状況を管理する複合機の機能

オフィスの作業効率化、省スペース化、コスト削減など、あらゆる目的で複合機を導入することと思いますが、社員数の多い企業になると、ルールを定めて使ってほしい、という悩みもあるかと思います。

例えばコストのかかるカラーコピーは営業部門だけ使ってほしい、あるいは特定の部門には使ってほしくない、という考えもあるでしょうし、ファックスに関しては経理部門だけに統一したい、という考え方もあるかと思います。

1台の複合機でムダを省き、よりコスト削減に繋げたいという企業にとっても、ぴったりの複合機があります。

複合機の中には機器の利用制限を設けることのできる複合機があり、これは特定のユーザーやグループごとに利用できる機能を制限することができます。
そのユーザーやグループの特定の仕方もICカードによって認証を行うことができます。
ICカードを利用することで、複合機が「このユーザーは●というグループに属しているユーザーである」と判断してくれるので、手間なく管理することが可能になります。

これによって然るべき部門が然るべき機能のみ使う形になるので、ムダな利用を防ぐことができます。
複合機のコスト削減効果を最大化させるにはぴったりの複合機です。

    Copyright(C) 複合機導入前のチェックポイント All Rights Reserved.