複合機レンタルのメリットとデメリット

複合機レンタルのメリットとデメリット

オフィスにて複合機の導入をしようと思った時にはリース、もしくはレンタルで選ぶことができます。
どちらもメリットもあればデメリットもあります。
メリットとデメリットを比較して、メリットの大きい方で導入するようにしましょう。

ではレンタルの場合のメリットとデメリットはどうあるのでしょうか?

まず、レンタルで複合機を導入するメリットとしては期間に左右されないというのがメリットになります。必要な時にレンタルして、複合機が使わなくなった場合には契約を解約して返却することができるのです。
そしてリースと違って契約がとてもカンタンです。リースと違う大きなポイントは金融機関の審査がありません。そのため、新規で会社やお店を立ち上げたばかり、という場合でも契約ができます。
また、一括で買うよりも低価格で導入できるので、設立したばかりの会社、お店にとっても導入がしやすいです。

しかし、デメリットとしては自社で使いたいと思う複合機を利用することはできません。あくまで中古の複合機になるので、複合機はレンタル会社でストックしている在庫の中から選ばれたものとなります。こだわりをもって「これが使いたい」という製品があるのであれば、リースの方がメリットは大きいと思います。

    Copyright(C) 複合機導入前のチェックポイント All Rights Reserved.