効率を落とさず節電効果のある複合機

効率を落とさず節電効果のある複合機

環境問題が囁かれ出してからというものの、オフィス内の省エネルギー化は各企業の中でも大切なテーマとされています。
冷暖房や電力のムダを試行錯誤しながら、省エネ化の為に様々な施策を行っていることと思います。

せっかくなら普段使うOA機器でも節電を行って、更なるオフィスの省エネ化に繋げていきましょう。

実は複合機によって省エネ化に成功したオフィスの例はたくさんあります。
これまでにOA機器でも省電力設計として謳われていた製品はたくさんありましたが、課題もありました。
今までの省電力設計では省エネモードで待機中の電力を抑えていたのですが、いざ使おうと思って起動しても、スリープモードからなかなか復帰しない、という問題もありました。これでは省エネ化は進んでも業務効率は落ちてしまうので、問題視されていました。

しかし、最近の省電力設計の複合機に関しては、待機中にスリープモードになっていたとしても、約3秒ほどで復帰するような製品も出るようになりました。
これによってムダな電力を省いて節電効果をもたらすほか、ストレスなく利用することができるので、業務効率を落とさずに快適に複合機が使えるようになりました。

節電しながら効率を落とさないようにしたい、という企業にはおすすめです。

    Copyright(C) 複合機導入前のチェックポイント All Rights Reserved.