複合機リースのメリットとデメリット

複合機リースのメリットとデメリット

これから事業を立ち上げて、オフィスを開業するとなると、必要となるのが複合機です。
複合機にはオフィス内で必要な様々な機能が備わっているので、1台導入するだけでコピー機やファックス、プリンター、スキャナを揃える必要がなくなります。
さらにそれぞれ持つよりもコストを削減することができるので、トータル的にもメリットが大きいものとなります。

複合機を導入しようとすると、主にレンタルとリースという2つの導入方法があります。
それではリースではどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

まずメリットとしてはリースで導入することで最新の複合機が新品の状態で利用できる、ということです。
そして、初期費用がかからず、月々の支払いやすい金額で申し込むことが可能です。
毎月決まった金額である上に、さらに物件の保険の費用も含まれているのでお金の管理もしやすくなります。

反対にデメリットとしては契約年数に縛られることです。
リースは5年?7年くらいの長期契約が多いのですが、期間内は原則解約ができません。解約を希望する場合は残金の一括返済が必要となりますので、複合機選びに失敗するとデメリットになり兼ねません。

そのため、複合機を選ぶ際には慎重な判断が必要です。

    Copyright(C) 複合機導入前のチェックポイント All Rights Reserved.